記事一覧

この非常事態に我々が出来ること

皆さんお早うございます。今朝は通常より2時間近く早く出勤した米山商事のIです。
今朝で歴史上最悪の大地震から3日目の朝を迎えた訳ですが当社では震災当日の11日より緊急体制に入っているため全社員通常より早めに出社しました。
僕は僕で微力ながらライフラインを扱う事業者の1社員として何が出来るだろうか?とずっと考えてきました。

今朝の朝礼でも話し合いましたがやはり今はライフラインであるプロパンガスを扱う事業者として出来うることは全てやらせて頂こうという結論になりました。昨夜から電力会社からの計画停電の予定が錯綜している中、最も重要なのはお客様からの問合せにきちんとお答えすることです。
そこで最低でも停電の際の通信手段やお客様との重要な情報を確認するコンピューターシステムの電源を確保するための方法を考えました。

まず1つはこれです。

ファイル 56-1.jpg

当社屋上には太陽光発電システムが設置されています。
太陽光発電には今回のような停電時に予備の電源を
取れるように設計されています。
(もちろん日照がある昼間の時間帯のみです)
これでとりあえず1,500W程度の電源はまず確保出来ました。

次はこれです。

ファイル 56-2.jpg

これはもちろん当社で扱っているプロパンガスを利用した
発電機です。これは写真のように非常にコンパクトなので
必要な場所に男性なら1人で運べます。これで更にあと800
Wを確保出来ました。これで計画停電がいつ来ても他の
事業者様が(NTT、コンピューターシステム会社)が
停電でダウンしない限り何とか「お客様からの声」に対応
出来るかも知れません。
普段はあまり考えずにぼぉーとしている僕ですが(^_^;)
こういった非常事態の時こそお客様のために出来
ることは全て全力で対応させて頂こうと思います。

ダイキン空気清浄機リコールのお知らせ

本日ダイキン工業より空気清浄機のリコール発表がありました。
弊社より対象機種をご購入頂きましたお客様には無償修理のご案内と修理手配をさせて頂きましたが、弊社以外からダイキン工業製の空気清浄機をご購入された方は下記ホームページで対象機種かどうかご確認いただければ幸いです。

<ダイキン工業ホームページ>
家庭用空気清浄機ご愛用のお客様へのお詫びと無償点検・修理のお願い
http://www.daikin.co.jp/taisetsu/2010/100409/index.html?ID=daikintop

ガス給湯器にもハイブリッドの時代が到来?!

ファイル 31-1.jpg

昨日、今ガス業界で話題のリンナイのハイブリッド給湯器の発表会に行ってきました。  

メーカーの方の説明によるとこれは電気のエコキュートとガスの省エネ型給湯器エコジョーズをミックスし「良いとこどり」をした画期的な商品とのこと。その性能は何と1次エネルギー効率で124%。   

ファイル 31-2.jpg

フロントパネルに輝く炎とハイブリッドのマークが何ともかっこいいですね!
まだ市場に投入されたばかりなのでその真価の程は分かりませんが
総合エネルギー会社を目指す当社としてはこういった新しい省エネ技術の新製品が登場するのはうれしい限りです。(^_^)v

ところで最近、巷で頻繁に耳にするこの「ハイブリッド」という言葉の意味をご存知でしょうか?
もし、ご存知ない方のためにちょっとググッてみました。色々な解釈や意味があるようですがこれが一番分かりやすいのかな?

「ハイブリッドとは、二つ以上の異質なものを組み合わせること。通常は、組み合わせるとより良くなることを言います。
また、ガソリンエンジンとモーター・充電池を組み合わせて、より燃費が良くなるハイブリッド車というのもあります。どちらも、組み合わせることで「いいとこどり」ができることを「ハイブリッド」と呼んでいます。」  

ついに太陽光発電の売電買い取り時期が決まりました!

ファイル 14-1.jpg

先日の8月25日についに太陽光発電の売電買取制度の詳細の新聞発表があったようです。  http://headlines.yahoo.co.jp:80/hl?a=20090825-00000049-mai-bus_allこの報道によるとこの制度の開始時期は11月1日、買取価格は48円/kw。

国や自治体の補助金を利用すれば売電にまわす余剰電力収入で設置した太陽光発電システムの購入費用を10年以内に回収することも可能?とされています。(^0_0^)一方、この財源を確保するために太陽光を設置しない世帯の電気料金の値上げも予定されているようです。(T_T)/~~~そういうこともあってか当社が聞いた情報では太陽光発電メーカーへの消費者からの問い合わせが今年は昨年の約10倍だそうです。今月末にも実施される選挙の結果如何にもよるかも知れませんがいずれにしてもこれで太陽光発電への関心が一挙に加速すると思われます。

もし太陽光発電にご興味のある方は是非、当社へお問い合わせ下さい!   

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ