記事一覧

毎日のお料理で節約しよう!

連続登場のカスタマーサービス課のSです(^_-)-☆

前回に引き続き、東京ガスさんの、
銀座にある「Studio +G GINZA(スタジオ プラスジー ギンザ)」のキッチンスタジオを
使っての料理体験《ラ・クチーナ・エスプレッサ》をお伝えします

今回のメニューは、
【①ゴーヤのパスタ ②夏野菜の素揚げ ③モロヘイヤのスープ ④グリルハーブチキン】の
4品を同時に調理しました

野菜を切る所から全部の料理が完成するまでに掛かった時間は、どれ位だったと思いますか?
なんと20分掛からないんですよ!驚きの時間でした(@_@)
 ファイル 95-1.jpg

それには、いくつものポイントがありました。

先ず1つ目は、コンロの操作パネルでの温度調節&調理タイマーの活用です
素揚げ用揚げ油の温度設定をしたり、揚げる素材によっての変更も出来ました
なかなか揚げ物の火加減調節は難しいのですが、新人主婦の私でもとっても簡単に、しかもちょうどよい火加減で素揚げが出来ましたよ

次に2つ目は、パスタを茹でる時に給湯器のお湯を使用する事です
コンロで水から沸騰させるより、給湯器のお湯を使った方が良いのはなぜか?
それは、熱効率が給湯器の方が優れているからなんです水から沸かすより短時間で済みお財布にも優しい、しかも効率的なので調理時間全体の時間短縮につながり一石二鳥ですよね
さらに調理には、ガスコンロと相性のいい中華鍋を使用すると、熱効率がよい調理器具なのですぐに沸騰しますし鍋の中で《外→内》への対流が生まれやすいので鍋底にくっついたり、麺同士がくっついて固まったりもしにくいんです
ファイル 95-3.jpg

しかも茹であがった後、洗わずにそのままパスタソースを作ったりソースと絡めたりも出来るので、洗う手間も少なく水の節約が出来るし、パスタ専用鍋を用意しなくても良いなどなど、良い事尽くめですよね

最後に3つ目として、コンロに置く鍋の配置を用途によって選べば完璧です
コンロによって温度調節&調理タイマー等の機能が異なると思いますが、【奥は煮込み、手前は調理】とすると良いようです
今回も、スープは一番奥のコンロで煮込みながらグリルでチキンを焼いている間に、手前の2つのコンロで野菜を揚げたり、パスタを茹でソースと絡める…
ファイル 95-2.jpg

全部を同時進行出来たお蔭で、20分弱で完成が可能なんですよね
ファイル 95-4.jpg

上手にコンロを活用し、イタリアの様な家族団欒の時間を増やしていけたら、いつまでも新婚気分で居れるかな

なんて、淡い期待を込めながら今回のご報告を閉めたいと思います

体験クッキングに参加しました!

お久しぶりです!久々の登場、カスタマーサービス課のMです(*^_^*)
私事ですが、この度、一家の主婦を任されることとなりSと名前も変わりました   
今後とも、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

新しい生活が始まり、仕事を続けながら新人主婦として日々奮闘していますが、
家事の中で掃除や洗濯は週1~2回でなんとか間に合うんですが、
毎日の食事を用意するのが本当に大変なんです(T_T)
世の中の家事をしている多くの方が同じ思いをしながら頑張っているのだから、
私も負けないで頑張ろう!って思うんですが…  
気合だけではご飯が出て来ないんですよね…

そんな中、東京ガスさんの銀座にある
Studio +G GINZA(スタジオ プラスジー ギンザ)」のキッチンスタジオを
使っての料理体験《ラ・クチーナ・エスプレッサ》があるとの事で、
リフォーム課のUさんと一緒に参加させて頂きました
ファイル 94-1.jpg 

一番の感想は「私、ガスコンロを使いこなせて無かったんだな…」でした  
なんでそう思ったかをお伝えしますね  

まず、テーマの《ラ・クチーナ・エスプレッサ》ですが、イタリアの調理法の事で、
クチーナは“料理”、エスプレッサは“早い”という意味だそうです。
つまりは、手早く料理を作って家族団欒の時間を多く持っているイタリアから学ぼうという事のようです。

《なぜイタリアなの?》っと思ったら、日本と同じく南北に長い国土・四方を海に囲まれている・共働き夫婦の増加・少子化はEUの内でNo.1等、共通点が多い事から選ばれたようです。

似ていても日本とは違い、イタリアは食卓に手料理が並ぶ事が多く《惣菜、加工・冷凍食品》は素材が中心だそうです。
それを可能にしているのが《4口コンロ》 夕食は20分程度で用意しているんですって
そんなに短時間で出来るなら、食事をゆっくり楽しみながら家族の時間も十分に取れますよね

日本では4口は主流ではなく、3口ですよね。
でも、日本にも4口目が実はあるんです!それは【グリル】でした
ファイル 94-2.jpg

魚焼き専用かと思っていた私でしたが、先日、トースターとしても使用できる事を学びましたが、
なんと今回のクッキングでは《グリルハーブチキン》を作りました フライパンで焼くよりも皮はパリッと仕上がり、余分な脂が落ち、ヘルシーに仕上がりましたよ
ファイル 94-3.jpg 
こんなに沢山油が落ちるなら、食事制限が出始めた私の旦那様の健康管理にもピッタリです
ファイル 94-4.jpg

さらに、今回使用したコンロには温度設定が出来たりタイマーも付いていたので、
火加減もバッチリでした   
コンロに設定機能が付いていると、ほんとに便利ですよね(*^_^*)

あっ、すいません…随分長くなってしまいましたね  今回はお伝えしきれなかった情報の中で、時間短縮はつまりエコで、節約も出来る、毎日の料理の中で応用出来る事などまだまだたくさんの情報満載の体験クッキングだったので、
次回も私がブログ更新させて頂きたいと思います  
お楽しみに待ってて下さいね  

ウォリアー・ダッシュって知っていますか?

皆さんこんにちは!リビングライフ課のKです。
昨日の日曜日は今年日本に上陸したばかりのウォリアー・ダッシュに参加するため千葉の東京ドイツ村まで行ってきました。   

このウォリアー・ダッシュって耳慣れない言葉ですよね?
簡単に説明するとこれはアメリカ生まれのコスプレして参加する障害物競争ってところですかね。(もちろんコスプレはなしで思いっきりアスリートの恰好でタイムを競うこともOKです)普段、運動不足の僕はあまり内容を知らないままにお気楽に参加してみました。
スタート前の様子です。自分のレースのことより他の参加者のコスプレの写真を撮るのに大忙しです。この人達はこの後、過酷なレースをこの恰好で走ることになります。  

ファイル 93-1.jpg

ファイル 93-2.jpg

さて肝心なレースの方です。普段ほとんど運動しない僕は単に5km走るだけでも大変なのにこういった障害物がコース内15か所も用意されている地獄のコースです。まだコースの半分もいっていない状態で既にヘロヘロです。(ー_ー)!!(写真は必死で頑張っている参加者の方たち)そして1つの障害物をクリアするたびにスタッフから「ウォリアー!!!(うぉりやーって聞こえた?)(ー_ー)!!って声を掛けられるのでこちらも「ウォリアー!!!」って返します。(これがこっ恥ずかしいの何のってありません)

ファイル 93-3.jpg

ファイル 93-4.jpg

最後まで何とか完走して記念のウォリアーTシャツとバイキングのかぶり物をGETしました。っていうかこのブログを書いている僕のヒザが「プルプル」しているのは気のせいかしら?     

ファイル 93-5.jpg

社員旅行に行ってきました!

こんにちは

リビングライフ課のMです。
毎日暑いですねぇ

さて今回は、先日行った当社の社員旅行のお話です。

目的地は、知人からおススメされた神奈川県南足柄市の「ezBBQ country」です。

会場の詳しい情報はコチラ↓
ezBBQ country

新横浜の会社から、貸切バスに揺られておよそ90分・・
Mが缶ビールを4本空けたところで到着

すてきな看板が出迎えてくれました
 ファイル 92-1.jpg

会場内はこんな雰囲気
緑に囲まれた9つのキャビンがあります。
ファイル 92-2.jpg

キャビンからマイナスイオンを浴びながらテクテク歩くと・・・
 ファイル 92-3.jpg

足柄山の金太郎が産湯をつかったと言われる「夕日の滝」があります。
落差23m、幅5mの大きな滝ですから、見ているだけでは勿体ないですよね。

という事で、幹事のOさんが入水
ファイル 92-4.jpg

暑い日差しもタープがあるので快適です
ファイル 92-5.jpg

とても楽しい一日となりました

ん?

社員旅行のお話しではなく、ezBBQ countryさんの宣伝になってしまったかも・・

ezBBQ countryさん
また来年遊びに行きますので、またよろしくお願いします

あのMARK IS みなとみらいに行ってきました。

皆さまこんにちは!LL課のMです。毎日はっきりしないお天気で憂鬱になりますね!そんな中、昨日横浜MM地区の話題の新スポット 「MARK IS みなとみらい」に行ってきたのでレポートさせて頂きます。もちろん仕事中に遊びに行った訳ではありません。(#^.^#)  この中に開設された東京ガスさんの新しいショールームを見学するためです。東京ガスさんの説明では6月21日のオープン以来、5日間で既に3万人以上の来場者があるということでビックリ!。また数ある東京ガスさんのショールームの中で今回のような商業施設の中にオープンするのは初めてだそうです。また基本コンセプトは商業施設の一角にあえてオープンなショールームを作ることで一般の方でも特に目的もなく気軽に立ち寄れてガスの魅力に触れて頂こうというもの。
さて肝心なショールームの内容ですが「炎のプラザ」「温水スクエア」「創エネガーデン」の3つのゾーンに分かれています。
「炎のプラザ」では当社でも日頃、毎日のように取り扱っているガスコンロや炊飯器などが全シリーズ全て展示されています。これだけ全部あると壮観ですね!またその横にはガラス張りのクールなキッチンスタジアムも準備されています。
ファイル 91-1.jpg
また次の「温水スクエア」のコーナーでは床暖房の仕組みや浴室暖房、ミストサウナなどを体感することも出来ます。
ファイル 91-2.jpg
特にここの目玉である「くらべるハウス」では1980年代のエアコンによる暖房と現在のガス床暖房による暖房の違いを実際に体感出来ます。1980年代のキッチンやリビングはこんな感じだったんですね!(下の2つの写真は上が1980年代、下が現代)
ファイル 91-3.jpg
僕は暖房の事より部屋にあるステレオやファミコンが昭和を感じさせて懐かしかったです。(もちろん体感はして寒いと感じましたよ!)そしてこちらが現代のキッチンとリビングです。さすがにおしゃれに作ってありますね。もちろん床暖房がリビングはおろかキッチンや脱衣所まで入っています。やはり温風もなく足元からじんわり暖めてくれる床暖房は快適です。
ファイル 91-4.jpg
最後にこれらの3つのゾーンとは別に「くらしのギャラリー」の「サロン・ド・ミスト」のコーナーではミスト機能付き浴室暖房にて「ハンドミスト&マッサージ」を体感出来ます。東京ガスさんによると実はこのコーナーが最も人気があり連日、かなりの女性が行列を作っているらしいです。(おじゃました日は天気が悪かったのですがそれでも次々に女性が並んでいました。小心者の僕は参加出来ずに見ているだけでした)
   
ファイル 91-5.jpg
今度は是非、最新のガス機器やリフォームを検討中のお客様をご一緒に案内したいと思います。