HOME > LIFEニュース 


生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。(2013年11月6日更新)



 始まっています、ウォームビズ

今冬も、11月1日から、暖房時の室温の目安を「20℃設定」して心地良く過ごすライフスタイル、「WARM BIZ」(ウォームビズ)への取り組みが始まりました。
期間は来年3月末までの4カ月間。
2013度は前年度の「WARM SHARE(ウォームシェア)」に加え、楽しく・温かく・快適に過ごすためのアイテムやアイデア、アクションなどをもう一つプラスする「WARMBIZ + ONE」(ウォームビズ・プラス・ワン)を広げようと呼びかけています。


 目安とすべき暖房室温は「20℃」

ウォームビズは、過度な暖房使用を控えながらも快適に過ごそうという、自治体、民間企業、各家庭を挙げた国民運動です。
環境庁の主導により、冬の地球温暖化対策の一つとして2005年度からスタートし、早くも9年目を迎えます。
目安とすべき室温は20℃。
自治体、民間企業、各家庭のそれぞれに、低炭素社会の構築に向けたビジネススタイル・ライフスタイルへと変革してもらうのが最終的な狙いです。
昨年度に呼びかけた「ウォームシェア」は、一人ひとりが暖房を使うのではなく、みんなが暖かいところに集まることで、エネルギーの節約につなげていこうという取り組み。家族やご近所で一つの部屋に集まったり、暖房を止めて街に出かけたりして、エネルギー消費を楽しく節約していくよう呼びかけました。


 2013年度は「プラス・ワン」を呼びかけ

今年度から新たに呼びかける「ウォームビズ・プラス・ワン」は、さらにもう一つ、楽しく・温かく・快適に過ごすためのアイテムやアイデア、アクションなどをプラスして、「ウォームビズ」の取り組みをさらに拡大してもらうおうという呼びかけです。
環境省としては、企業・団体が提案する「プラス・ワン」を公式WEBサイトの特設ページなどで紹介するほか、国民一人ひとりがアイデアをもう一つプラスして、ライフスタイル全般で「ウォームビズ」を広げるよう呼びかけていくことにしています。


 まずデパート、アパレル、コンビニ始動

企業・団体の取り組みとしては、例えば日本百貨店協会は、節電と地球温暖化防止に貢献するため、全会員店(85社230店舗)が11月から、安全衛生や商品特性に配慮しつつ空調温度を緩和する取り組みを始めました。
日本アパレル・ファッション産業協会は10月から開始する恒例の「KOROMOGAEキャンペーン」で、衣替えをしながら温かくドレスアップするスタイル提案を行っています。
また、日本チェーンストア協会は、各店舗内の空調設定温度を見直すとともに、体が温かくなる料理や食材の提案による暖房の使用低減、家庭での団らん、保温効果の高い服装による暖房の設定見直しを提案しています。


 今冬の電力需給、北海道だけやや不安残る

では、今冬の電力需給はどのような見通しにあるのでしょうか。
総合資源エネルギー調査会(基本政策分科会電力需給検証小委員会)によれば、厳寒となるリスクや、直近の経済成長の伸び、企業や家庭における節電の定着などを織り込んだうえで、いずれの電力管内でも「電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しにある」とのことです。ただ、北海道電力は予備率6.9%を確保できる見通しであるものの、他社からの電力融通に制約があることから多少不安を抱えています。


 時代は「省エネ・節電」から「創エネ・創電」へ

ところで、東日本大震災のあと、我が国では全国民・産業を挙げた「省エネ・節電」努力により、原発なしで酷暑、厳冬を乗り切ってきています。
しかもこの中で、再生可能エネルギーの導入促進や技術開発の進展により、太陽光発電やエネファーム(燃料電池)の本格普及が始まったうえ、電力最大の弱点(蓄えられない)を補う家庭用蓄電池も登場し始めています。
そうした見方からすれば、クールビズ、ウォームビズもそろそろ、「創エネ・創電」へと進化するときを迎えつつあると言えます。

(資料出所・CFC)

ガス開栓 ガス閉栓 goinggreen
リフォームも米山商事へ!
エネライフ通信 チャレンジ25