HOME > LIFEニュース 


生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。(2013年12月4日更新)



 エコキュートをしのぐハイブリッド給湯器

自動車では最近、ガソリンと電気のいいとこ取りをしたハイブリッドタイプが人気ですが、給湯器でもガスと電気のハイブリッドタイプの普及がはじまっています。
電気(ヒートポンプ)で効率良くお湯をわかす一方、ガス(エコジョーズ)でいつでもたっぷりなお湯をバックアップする、いいとこ取りの製品です!


 ガスと電気を時間帯や用途で使い分け

ハイブリッド給湯器は、電気による効率的な給湯機能(貯湯)と、ガスによる素早い給湯機能(即給湯)とを合わせ持つ、世界初(!)の製品として登場しました。
この2つの機能を、暮らしの時間帯や用途に合わせて最適に使い分けることで、エコキュートをしのぐ高効率、省エネ性能を誇っています。

昨年登場した新型は、暖房機能も持つので、我が家の給湯・暖房のすべてを効率的にまかなうシステムに仕上がっています。
では、どう効率的なのでしょうか……!? 以下にご紹介します!

◎省エネ性
利用された全エネルギーをいう一次エネルギー効率で、新型は125%を達成。これは、エコキュートの107%を大きく上回っています。
◎環境性
従来のガス給湯器と比べ、年間約50%ものCO2排出量を削減します。家庭で使うエネルギーの半分が給湯・暖房なので、環境に大きく貢献します。
◎経済性
少ないエネルギーでお湯をつくるので、給湯の年間ランニングコストは従来の半分以下。暖房もハイブリッド運転なので、さらに省コストを実現。


 いろんな建物に設置でき、運転もお任せ

ハイブリッド給湯器は熱源機とタンク一体型と分離型がありますが、場所を取らないことも特徴です。一体型でもエコキュートのタンクより容積で40%、面積で25%もスリム。
住宅まわりのデッドスペースや狭小地にもすっきりと収まります。
新型はヒートポンプも大幅にコンパクト化しているので、新築マンションにも設置できます。
また、暖房は部屋全体がムラなく暖まる温水式床暖房なので、リビング、ダイニングから子供部屋、吹き抜け、和室まで多様なお部屋にお勧め。
さらに、一日の疲れをいやすバスタイムを、お湯張りから、追い焚き、保温、足し湯まで、運転はすべて全自動(フルオート機能)。

まとめて、ハイブリッド給湯器にお任せです!

(資料出所・CFC)

ガス開栓 ガス閉栓 goinggreen
リフォームも米山商事へ!
エネライフ通信 チャレンジ25