HOME > LIFEニュース 


生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。(2014年9月5日更新)



欧米のシャワー文化に対し、日本人は浴槽につかる入浴文化。
銭湯が普及した江戸時代から定着してきたとされますが、近年はガス給湯器の進化でずいぶん快適になりました。

ガス給湯器でお風呂に入ると、地球にもやさしいってご存知ですか?


 入浴は洗うほか、心身を癒すため

ガス給湯が進化した背景には、体を洗う入浴に“心身を癒す”目的が加わり、浴室・浴槽・シャワー、それに換気・乾燥・暖房などとセットで考えられるようになったためです。
この結果、自動湯張りから自動保温まで行う「オート」と、これに自動足し湯までする「フルオート」が登場。
さらに、浴室暖房乾燥、ミストサウナ、温水床暖などまでへとバリエーションが広がっています。
カビ発生も防げ、お手入れも簡単になりました♪


 省エネで家計にも環境にもやさしい

一方で、排熱も再利用する高効率タイプのエコジョーズが一般化し、地球環境にも、家計にやさしくなりました。
燃効率は従来の80%から95%にアップして、省エネ・少コスト化が図られるとともに、CO2排出率も13%削減されました。
また、貯湯式である電気給湯(エコキュート)に比べ、即湯式なうえ、省スペースであることも特徴です。


 排熱吹出し口に手をかざすと……

ガス業界ではこのため、戸建て住宅や新築マンションに新設する給湯器は、すべてエコジョーズにする取り組みを、メーカーと一体になって進めています。
エコジョーズの「やさしさ」は、排熱吹出し口に手をかざせば、熱くない(温かい)のでわかりますよ。


 最上級の癒やしを求めて……システムバスルーム「SPAGE(スパージュ)」登場

LIXILから、“お風呂を愛する国の、バスルーム”をコンセプトとしたシステムバスルーム「SPAGE(スパージュ)」が登場しました。
“湯を、まとう”肩湯、“湯に、うたれる”打たせ湯、“湯に、つつまれる”オーバーヘッドシャワーといった機能を備え、それぞれのくつろぎのために、お湯が姿を変えるバスルームです。
ご自宅に最上級の癒やしをお届けします!

ご興味のある方は、ぜひ米山商事にご連絡ください。

「SPAGE(スパージュ)」公式ホームページ(LIXIL)

(資料出所・CFC)




ガス開栓 ガス閉栓 goinggreen
リフォームも米山商事へ!
エネライフ通信 チャレンジ25