HOME > LIFEニュース 


生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。(2017年7月5日更新)



 ガスコンロはこれまで、なかなか着火しない、赤火が出るなど、“壊れたら”取り替える商品でした。でも最近は、グレードアップするお客様が増えています。誰でももっとお料理上手になれるガスコンロにしてみませんか?


 全国の6割が新タイプに移行

 最新のガスコンロは安全・安心はもちろん、お料理上手をサポートしてくれる便利機能がとても充実しているうえ、お掃除も楽ちん。
それに、デザインも家電風におしゃれになってきているからです。このため、これまで量販店から購入されていたお客様からのご相談が増えているのです。
 特に、店頭や展示会で、見て・触って・試されたお客様からの買い替えが目立っています。
 油温が高くなり過ぎて自然発火する天ぷら火災。また、消し忘れ、立ち消えによる事故を防ぐ「Siセンサーコンロ」が登場して間もなく10年。相前後して、天板が掃除しやすく、丈夫なガラストップになったこともあって、全国の6割が、新タイプに移行しています。


 うれしい便利機能は!?

 機種によって異なりますが、最新のガスコンロに搭載されているうれしい便利機能を挙げてみましょう。

●コンロ関係では、
・温度キープ(自動調節)
・調理タイマー(設定時間で自動消火)
・自動炊飯・湯沸し(自動消火)など。

●グリル関係では、
・水なし・両面焼き(掃除も楽)、
・調理タイマー(設定時間で自動消火)
・オートメニュー(種類・焼き加減を設定すると自動焼き上げ)
・ラ・クックやダッヂオープン(お料理のレパートリーが一挙拡大)など。

●お手入れ関係では、
・フラットトップ(汁受け皿がなく掃除が楽)
・排気口カバー(汚れ防止)などと充実。

 ほか、操作パネルは見やすく、デザインもすっきりおしゃれ。「多機能過ぎて困る」ことがないよう、音声ガイドなども搭載しています。


 ほかにもこんな「うれしい」が!!

●お掃除が楽
 お客様から最も喜ばれることの一つは、お掃除が楽なこと。ゴトクを外すと、天板がほぼ平面で、汚れもこびりつきにくくなっています。だから、調理後にさっとひと拭きすればOK。また、グリルの受け皿は親水性が高く、汚れが簡単に取れます。

●IHコンロと比較すると…
 IHコンロは「直火ではないので安全」と言われたりしますが、逆に「見えないので危険」との声もあります。また、あぶり高温炒めができないとか、「お料理の楽しさがいま一つ」という声もお聞きします。ガス調理はお子様の「火育・食育」にもなります。

●レンジフードとセット交換を
 キッチンの換気が換気扇やブーツ型のご家庭は、お掃除が大変なはず。取り外して掃除しても、簡単には落ちません。シロッコファン使用のフラット型なら、油汚れをしっかり吸い込むうえ、掃除も簡単。最近はノンフィルター、全自動掃除タイプも登場しています。


(資料出所・CFC)


ガス開栓 ガス閉栓 goinggreen
リフォームも米山商事へ!
エネライフ通信 チャレンジ25