HOME > LIFEニュース 


生活やエネルギーに関する便利でオトクな情報を発信します。(2017年10月5日更新)



 今のわが家で快適に暮らしていくには、建物や設備の経年劣化とライフサイクルの変化に応じたリフォームが欠かせません。
 多いのは、トイレ、キッチン、お風呂。ガス供給を通じてお客様と長いお取引をさせいただいている、私たち米山商事の得意分野です!  


 リフォームはどこに頼むべき?……私たちにお任せください!

 リフォームは、「どこに相談したらいいのかわからない」といった声をよく耳にします。費用の目安がわからないし、悪質な訪問リフォームも横行しているので、もっともなお話です。
 一般的には、「複数の業者から相見積もりをとり、その内容と価格をしっかり見比べて…」となるわけですが、業者探しや見慣れない見積書のチェックも、気が重いのではないでしょうか。
 そうしたとき、私たち米山商事にひと声かけていただきたいのです。キッチン、お風呂まわりを中心としたリフォームを、広く手がけているからです。
 工務店や住宅会社とは違い、今後も長いお取引となりますから、安心してご相談ください!


 親身になってお受けし、比較提案もいたします

 バスルームを例にとると、リフォームの動機で多いのは、「給湯器が壊れた」「浴槽が狭い」「浴室が寒い・汚い」など。最近は、省エネ・節水志向に加え、「ゆったり浸かりたい」「ゆっくりくつろぎたい」といった癒しや健康志向も高まっています。
 お客様からご相談をいただくと、私たちはまず、浴室の傷み具合や広さ、浴槽のタイプ・容量、それに給湯器のグレード(給湯量、便利機能)などを細かくチェック。そのうえで、お客様の家族構成やライフスタイル、ご要望をお聞きしつつ、一緒に最適プランを考えていきます。
 ガスか電気か、具体的な数値を示して比較提案できることも、私たちの強みの一つです。


 「快適なお風呂」づくりのポイント

★浴室は、最低1坪以上を
 リフォームは、築後10〜20年が目安。建物・設備の経年劣化が進むほか、相前後して家族の成長・独立、高齢化も進み、改善が必要になってくるからです。浴室はこれまで0.75坪が多かったのですが、現在は最低1坪以上。快適に使えるシステムバスが主流です。

★給湯器は、やはりエコジョーズ
 電気式は貯めたお湯を使うから場所をとるし、家族の世代交代で湯量の過不足が出たりします。ガス給湯器なら欲しい時・欲しい湯量を・すぐにつくります。フルオートならスイッチ・オンですべてお任せ。自動洗浄タイプもありますよ。

★浴槽は、魔法瓶タイプがおススメ
 ゆったり浸かれて、お手入れがしやく、保温もしっかり。そんなご家庭には、高断熱浴槽がおススメです。高効率給湯器「エコジョーズ」と同様に、国から出る補助金(エコリフォーム)の適用対象にもなっています。



リフォームのことはなんでも米山商事までお問い合わせください!


(資料出所・CFC)




ガス開栓 ガス閉栓 goinggreen
リフォームも米山商事へ!
エネライフ通信 チャレンジ25